エヴァン・ネスビット「Articular Aspiration」

イベント紹介
Event Information

今回の作品は全て、ある構造上の基礎をなす形を取っており、各ペインティングにおいてsupportとsurface(支持体と表面)との調和的な関係を創造しています。長方形の作品2点 "Superstratum" (Orange 1・2) は、木枠のシルエットに基づいたイメージになっています。4つの変形ペインティング "Articular Aspiration" (1-4) は、携帯用のミシン台に基づいた形であり、ネスビットが二連画との機能的・美的近似を熟考するために再構成したものとなっています。そのミシン台は、2つの層状パネルが金属の部品により離されています。2つのパネル、合計4つの面は、2つの布を接合するためのミシンを層状パネルの間に収めるという機能的な目的があると同時に、互いに関連しあっています。これらの作品では各パネルが再構成され、各面がネスビットの麻から絵具を通す手法の支持体として機能しています。それぞれの変形パネルは、4つの直角がないことによって、人間の体や画面として物理的に相互関係を持つことができ、よって2つのパーツが関節のような関係性の潜在状態(可能性)を視覚的に示唆しています。これらの二連画はaspirationalという言葉が持つ複数の意味の性質があり、まるで変形パネルが関節の動きに対しての暗黙の切望があるかのように。また、潜在状態をもしくはパネルの接合の意味を示すために二連画の中に3つ目の存在を創造することを試みています。展覧会名が持つ複数の意味は、aspirationとarticularの使い方の意味と文脈の作用に蝶番しています。ネスビットの作品の概念化は、これらの二連画の形に備わっている暗黙の動作的と錬金術の願望にかかっています。これらの二連画は、aspirationalという言葉が持つ複数の意味の性質があります。それは、まるで変形パネルが関節の動きに対しての暗黙の切望があるかのようです。また、パネルの接合部がもたらす潜在性や意味を示すために、二連画の中に3つ目の新しい存在を創造しようとしています。今回の展覧会名が持つ複数の意味は、aspirationとarticularの様々な定義と文脈をヒンジ(蝶番)でつないでいるかのようです。これらの作品におけるネスビットの概念化は、二連画の形に備わっている暗黙の動作と錬金術的な熱望にかかっています。

アーティスト
Artist

エヴァン・ネスビット

スケジュール
Schedule

2018年6月9日(土) - 2018年7月4日(水)
[開廊時間]
12:00〜19:00

[休廊日]
日・月・火曜日、祝祭日

開催場所
Place

KOKI ARTS
東京都千代田区東神田1-15-2 ローズビル1F 

その他概要
Outline

[オフィシャルサイト]
https://madmimi.com/p/d1d94c
エヴァン・ネスビット「Articular Aspiration」