マイク・ケリー「デイ・イズ・ダーン」

イベント紹介
Event Information

マイク・ケリー(1954-2012)は、アメリカの大衆文化を通じて、社会の奥深くに潜むさまざまな問題点をあぶり出してそれをフィールドのフィールドに持込み込み、現代アートの最重要重要なアーティストの一人である。1世代前にポップ・アートの旗手として華やかに登場したアンディ・ウォーホルが表のスターだとすると、マイク・ケリーは裏の帝王だろう。レベルやジェンダーなどのマイノリティに対する差別、トラウマや暴力、性などを痛恨な皮肉やユーモアを交え作品として発しつづけた。
ワタリーム美術館では今回の展覧会を皮切りに、マイク・ケリーのさまざまな作品を複数回の展覧会として紹介しています。 is Done」(2004-2005)と高校時代の「課外活動」の様子を写したモノクロ写真の再生の中 映像やインスタレーション、写真作品へ広がっていった大作を展示する。ヴァンパイア、田舎家、ハロウィンの祭り、不機嫌な悪魔などを登場させ、ダンスや音楽、シナリオテイストなどをすべて・ケリーではディレクトトしている。
その他、マイク・ケリーのルーツであるアイルランドの神話から四つ葉のクローバーとそれが表す幸運というモチーフをアイロニカルに表現した「 パンジーメタル/ Clobered蹄(1989/2009)」ほか異なる時代の3シリーズを展示する。世界から届く不自然なニュースを見るとき、真実が社会の奥深くに隠されて、まるですべてが見えない糸で操られているような気配を感じることはないだろう。マイク・ケリーは文化でさえも何かに支配され、その皮を引くはがすことが自分の役目だと言いたいもの。そう だとすると、この展覧会は「自由のための見世物小屋」だろうか。作品の中の怪しい登場人物に隠されたマイク・ケリーの願いを覗いてほしい。 

Mike Kelley(1954-2012)は、現代美術の最も重要なアーティストの一人であり、アメリカのポップカルチャーを通じて社会に深く根ざした様々な問題を明らかにし、アート界に持ち込んだ。マイケル・ケリーが、ダークサイドの皇帝であるべきである、明るい側のスターになるのは、世代の早いポップアートのスタンダードベアラーとして華麗なデビューをしたアンディ・ウォーホルだったら。彼はマイノリティ、トラウマ、暴力に対する差別、ジェンダーなどの主題に取り組む、辛辣な皮肉とユーモアが埋め込まれた作品を継続的にリリースしてきました。
WATARI-UMはこの展覧会を皮切りに、いくつかの展覧会を通してMike Kelleyの様々な作品を要約して紹介する予定です。
まずは、高校の白黒写真を「授業以外の活動」としてビデオやインスタレーション、写真に再現した「Day Is Done」(2004-2005)に取り組んでいきます。
吸血鬼、ヒルビリー、ハロウィンフェスティバル、ペイビッシュな悪魔がダンスと音楽、マイクケリー自身が完全に指揮する脚本のテキストで登場します。これと並んで、マイケル・ケリーのアイルランド神話の根源となる4葉のクローバーを皮肉って表現する「パンジー・メタル/クローブ・フーフ」(1989/2009)など、さまざまな時期の作品を展示し、幸運をもたらすモチーフです。
世界中から不自然なニュースが届くと、真実が社会に深く隠されているのを感じることができ、目に見えない文字列ですべてが操作されるというヒントが得られます。マイク・ケリーは、文化でさえ何かによって操作されていると指摘し、彼はそれを明らかにする役割を持っています。もしそうなら、この展覧会は「自由のための奇怪なショー」かもしれません。マイク・ケリーの欲望が彼の作品に隠れた振る舞いを隠すように人々を覗かせてくれることを願っています。

アーティスト
Artist

マイク・ケリー

スケジュール
Schedule

2018年1月8日(月) - 2018年3月31日(土)
[開館時間]
11:00-19:00

[休館日]
月曜日

開催場所
Place

ワタリウム美術館
東京都渋谷区神宮前3-7-6 

その他概要
Outline

[オフィシャルサイト]
http://www.watarium.co.jp/exhibition/1801mike/index.html
マイク・ケリー「デイ・イズ・ダーン」