イベント紹介
Event Information

年に一度の現代アートのグループ展「高松コンテンポラリーアート・アニュアル」。6回目の開催となる今回のテーマは「見えてる風景/見えない風景」です。
出品アーティストは、流麻二果、谷澤紗和子、伊藤隆介、来田広大の4人とドットアーキテクツの1組です。
流 麻二果(ながれ まにか/1975~)の、一見抽象に見える画面には、彼女の関心の先にある人の気配や移ろいゆく自然への思いが、瑞々しい色彩をまとい空間の中で響きあい、生命感にあふれた風景へと誘います。
また、高松市美術館にとって初の建築家グループの紹介となるドットアーキテクツ(2004年共同設立)は、建築設計に留まらず他分野の人々と恊働により様々な企画に携わってきましたが、今回はシンプルな素材のせめぎ合うことで自立する構造体により、展示空間に漂流の情景を立ちあげることでしょう。
谷澤紗和子(たにざわ さわこ/1982~)は、光源を伴う切り紙のインスタレーションにより、「妄想力の依り代(よりしろ)」としての空間を作り上げ、風景の向こう側にある見えない世界と交感する窓を開いてくれるでしょう。
実験映画で知られる伊藤隆介(いとう りゅうすけ/1963~)は、自作のミニチュア・セットと、それをCCD小型カメラで撮影したライブ映像を同時に展示する方法で、見る者の記憶や現実感を静かに且つユーモアを持って揺さぶるものです。
来田広大(きた こうだい/1985~)は、山をフィールドワークの拠点とし、視界が開けたところにある俯瞰的な風景を、儚い素材であるチョークで描くことで、場所と人との記憶のあわいをつないで見せます。
車窓から見える風景はひとつとして同じものはなく、敷かれた線路の後方、また視線の向こう側には、見ることが叶わない風景が無限に続いています。見えている「現実」の風景と共に、そうした見えない風景や、見えないことにしている風景が誰にとっても確かに存在しているのではないでしょうか。アーティストたちがどのように外界との関係を捉え表現し、紡ぎなおそうとしているものか。4人と1組のアーティストたちが織り成す「見えてる風景/見えない風景」の中に入り込み、新たな風景との出会いをお楽しみください。

アーティスト
Artist

流麻二果、谷澤紗和子、伊藤隆介、来田広大

スケジュール
Schedule

2016年10月8日(土) - 2016年11月6日(日)
9:30~17:00
月曜日

開催場所
Place

高松市立美術館
香川県高松市紺屋町10-4 

その他概要
Outline

[オフィシャルサイト]
http://www.city.takamatsu.kagawa.jp/museum/takamatsu/exhibitions/ex/20161008.html
「見えてる風景/見えない風景」