イベント紹介
Event Information

青山目黒では、7月23日から8月20日まで「羽永光利アーカイブ展」を開催いたします。本展では、前衛芸術、舞踏、演劇、世相という4つのテーマを中心に、羽永光利アーカイブの中から選んだ約400点の写真などを展示いたします。

1933年東京生まれの羽永光利は、1950年代後半から1980年代にかけて日本の社会が大きく移り変わっていく激動の時代を潜り抜け、その生涯をかけて膨大な数の写真を残しました。 戦後日本が様々な矛盾と社会問題を抱える時代において、羽永は弱者や辺境の人々の視点からシャッターを切り、前衛芸術、アンダーグラウンド劇場、イベント、公害問題、学生運動、舞踏、コミューン活動など多岐に渡る現場の写真を記録し続けました。そして、自らの存在意義を模索し葛藤する若者たちの姿を至近距離で見守り続けた羽永の存在は「体制裏の芸術家」として伝説的に語り継がれてきました。 しかし近年になって、その膨大な写真群の全貌が明らかになるにつれて、羽永の存在は単に「時代の目撃者」 や「カメラマン」というだけでなく、パフォーマンス・アートの文脈から「現場に介入し撮影を繰り返すラディカルな行為そのものが羽永光利の芸術ではないか」と世界的に大きな注目を集めています。
会期中にはトークイベントなどを開催予定です。詳細が決まり次第、ホームページにて告知いたします。 羽永光利の眼を通して、戦後日本社会の変化や前衛芸術の歴史について新たな再検証の扉を開く場として、 ぜひご高覧ください。

アーティスト
Artist

羽永光利

スケジュール
Schedule

2016年7月23日(土) - 2016年8月20日(土)
[開廊時間]
12:00〜19:00

[休廊日]
月・火

開催場所
Place

青山|目黒
東京都目黒区上目黒2-30-6 

その他概要
Outline

[オフィシャルサイト]
http://aoyamameguro.com/artists/mitsutoshi-hanaga-archives-project-2016/
羽永光利「アーカイブ展」