足立篤史「-醜美ノ記憶-Atsushi Adachi solo exhibition - Beauty of Ugliness -」

イベント紹介
Event Information

この度、LOWER AKIHABARA.では、足立篤史の個展を開催いたします。
記憶を記録すること。
足立は主に古い新聞記事を素材に、人間が通った道に刻まれた、腐敗しかけた遠い昔の記憶の中にあるモノを具現化します。
すでにこの世にはない戦艦や軍用機といった個体の細部を資料から起こすことで技術者の心を読み解き、モチーフと同時代に書かれた新聞資料を集めることでその時代に生きる価値観に触れ、さらに歴史的背景や形跡を知ることで刻まれた存在の記憶をたどり、一つの作品が生まれます。
是非ご高覧ください。

刻まれた記憶、モノクロームな画(え)、腐敗する像(かたち)。
人々がかつては象徴とした物、記録の中にしまい込んだ風景、姿など、ある人には 不快であり、ある人には懐かしく、またカッコ良いと思うことであったかもしれな いかつての"カタチ"、それは時間の流れにより朽ち、記憶は画のように色彩をなくし、存在したカタチは消滅する。
だが、その痕跡、"記録"として、その存在たちは情報を遺し、記憶によりそのカタチは"復元"される。 そこに存在するのは"記憶のカタチ" 際も生々しく、美しくもある記憶の姿。

アーティスト
Artist

足立篤史

スケジュール
Schedule

2016年7月16日(土) - 2016年7月30日(土)
11:00~19:00
[休廊日]
日・月曜日、祝祭日

開催場所
Place

LOWER AKIHABARA.
東京都千代田区東神田1-11-7 東神田M.Kビル1F 

その他概要
Outline


[オフィシャルサイト]
http://homepage3.nifty.com/lowerakihabara/exhibition_AtsushiAdachi_2016.html
足立篤史「-醜美ノ記憶-Atsushi Adachi solo exhibition - Beauty of Ugliness -」