プロフィール
Profile

アーロン シスキン/Aaron,Siskind
アーロン・シスキンは1903年ニューヨーク生まれ(1991年没)。公立学校に英語教員として勤め、1930年に初めてカメラを手にする。1932年よりフィルム&フォト・リーグに参加(1935年に退会)。1936年にシド・グロスマンの要請によりフォト・リーグに復帰、フィーチャー・グループを組織し「ハーレム・ドキュメント」などを制作。10年来制作していた「タバナクル・シティ」を1941年に発表後、団体の共産党との密な繋がりやイデオロギー面での不寛容さを理由に、同年フォト・リーグを去る。フランツ・クライン、バーネット・ニューマンやウィレム・デ・クーニングといった抽象表現主義の作家らと親交を深め、写真家として唯一、抽象表現主義作品を扱うギャラリーで展覧会を重ねる。1948年にシカゴを訪れ、ハリー・キャラハンに出会う。1949年に英語教師の職を辞し、1951年にキャラハンの誘いでInstitute of Design(旧The New Bauhaus Chicago)で写真を教え、鉄骨造の高層建築を作ったシカゴ派の代表的な建築家、ルイス・サリヴァンとダンクマール・アドラーの建造物を記録した「ルイス・サリヴァン・プロジェクト」(1952-53年)などを制作。その後再びキャラハンの誘いで1971年よりRhode Island School of Designで教鞭を取る。また、非営利団体である写真教育協会の創立メンバーとなる他、文学・写真雑誌『Choice』の共同編集者を務めるなど、写真教育の分野でも多大な貢献を果たした。主な個展に、「Aaron Siskind: Photographs」Alfred University(アルフレッド、1958年)、「The Photographs of Aaron Siskind」George Eastman House(ロチェスター、1965年)、「Siskind from the Collection」The Museum of Modern Art(ニューヨーク、1989年)など。主なパブリック・コレクションに、The Art Institute of Chicago(シカゴ)、Getty Center(ロサンゼルス)、Metropolitan Museum of Art(ニューヨーク)、The Museum of Modern Art(ニューヨーク)など。

受賞歴
Award

個展
Solo Exhibitions

グループ展、その他
Group Exhibitions

パブリックコレクション
Public Collection