プロフィール
Profile

八谷和彦/Kazuhiko,Hachiya
1966
佐賀生まれ
九州芸術工科大学(現九州大学芸術工学部)画像設計学科卒業

受賞歴
Award

2002
「The Hugo Boss Prize 2002」
1998
「アルス・エレクトロニカ賞」ネット部門 準グランプリ(〈ポストペット〉)
「フィリップ モリス アート アワード 1998」(「エアボード」プロジェクト)
1997
「'97 マルチメディア グランプリ」ネットワーク部門最優秀賞・通産大臣賞(〈ポストペット〉)
「アルス・エレクトロニカ賞」インタラクティヴアート部門 入賞(<見ることは信じること>)
1996
「アルス・エレクトロニカ賞」インタラクティブアート部門 入賞(<視聴覚交換マシン>)
1995
「第4回ジャパンアートスカラシップ」グランプリ(<ワールドシステム>)
「名古屋国際ビエンナーレ アーテック'95」入選(<視聴覚交換マシン>)
1993
「'93 マルチメディアグランプリ」展示映像部門 奨励賞

個展
Solo Exhibitions

2007
「八谷和彦“初”ドローイング展-手で描いたものしか出しません」無人島プロダクション(東京)

2006
「八谷和彦-Open Sky2.0」NTTインターコミュニケーション・センター[ICC](東京)

2003
「OPEN SKY 八谷和彦展-ポストペットからメーヴェまで」熊本市現代美術館(熊本)

1999
「Air Board β–for the Generation」ギャラリーアート倉庫(東京)
「ラブダブラー」三菱地所アルティアム(福岡)

1995
「ワールドシステム」スパイラル(東京)

1994
「オーヴァーザレインボウ」P3 art and environment(東京)

1993
「インターディスコミュニケーション ワンナイト・エキシビジョン」レントゲン藝術研究所(東京)

グループ展、その他
Group Exhibitions

2007
「FEEDBACK」LABORAL Art Centre(ヒホン、スペイン)
「GUNDAM-来るべき未来のために」京都国際マンガミュージアム(京都)
「文化庁メディア芸術祭10周年企画展:日本の表現力」国立新美術館(東京)

2006
「デジタル遊園地-ネットワーキングアートの未来」長崎県美術館(長崎)
「のりものワールド」名古屋市科学館(愛知)
「GUNDAM-来るべき未来のために」せんだいメディアテーク(宮城)(高松市やきものの里かわら美術館(愛知)札幌藝術の森美術館(北海道)へ巡回)
「コレクション展 Ⅰ」金沢21世紀美術館(石川)

2005
「SKY-HIGH(スカイ-ハイ)」キリンプラザ大阪(大阪)
「GUNDAM-来るべき未来のために」サントリーミュージアム天保山(大阪)(上野の森美術館(東京)へ巡回)
「愛・地球博」グローバルハウス(愛知)
「Climax-the Highlight of Ars Electronica」国立台湾美術館(台湾)

2004
「ミッション・フロンティア-知覚の宇宙へ」東京都写真美術館(東京)
「KITTY EX.(キティ・エックス)」森美術館(東京)ラフォーレミュージアム原宿(東京)(ほか国内7箇所巡回)
「六本木クロッシング:日本美術の新しい展望 2004」森美術館(東京)

2003
「ひととロボット-電脳空間の夢想」国際交流基金パリ日本文化会館(パリ、フランス)
「サイバー・アジア-メディア・アートの近未来形」広島現代美術館(広島)

2002
「映像体験ミュージアム-イマジネーションの未来へ」東京都写真美術館(東京ほか国内5箇所巡回)
「JAM:Tokyo-London」東京オペラシティアートギャラリー(東京)

2001
「エゴフーガル-第7回イスタンブール・ビエンナーレ」(イスタンブール、トルコ)
「JAM:Tokyo-London」バービガン・ギャラリー(ロンドン、UK)

2000
「ギフト・オブ・ホープ-21世紀アーティストの冒険」東京都現代美術館(東京)
「milk:2005年愛知万博公開実験」外苑前路上(東京)

1999
「時の変化」ボン美術館(ボン、ドイツ)
「ファンシー・ダンス-1990年以降の現代日本美術」アートソンジュ・センター・ミュージアム(慶州)アートソンジュ・センター(ソウル、韓国へ巡回)
「ファースト・ステップス-日本の新進作家(フィリップ モリス アート アワード1998)」グレイ・アート・ギャラリー(ニューヨーク、USA)

1998
「大分国民文化祭」B-con Plaza(大分)
「Art&Edition-electroniques au japon」レオナルド・ダ・ヴィンチ大学(パリ、フランス)

1997
「第7回ふくいビエンナーレ-メディアと身体」福井市美術館(福井)
「PostPet EX」ナディッフ(東京)
「Cyber’97」ベレム文化センター(リスボン、ポルトガル)
「ドリーム・オブ・イグジステンス-日本の若手作家」キシュシェッリ美術館(ブダペスト、ハンガリー)
「EXIT」クレテイユ美術館(クレテイユ、フランス)
「デ・ジェンダリズム-回帰する身体」世田谷美術館(東京)

1996
「大アート展」ラフォーレミュージアム原宿(東京)天保山現代館(大阪)
「アートシーン90-96-水戸芸術館が目撃した現代美術」水戸芸術館現代美術センター(茨城)
「アートは楽しい7 IN/OUT」ハラミュージアムアーク(群馬)
「On Camp/Off Base」東京ビッグサイト(東京)
「美術×∞=◎展」サムミュージアム(大阪)

1995
「New Asian Art Show 1995」キリンプラザ大阪(大阪)国際交流フォーラム(東京)
プロジェクト「メガ日記」ICCnet、インターネット、ニフティサーブ
「ハチヤ博士の実験塔」(ワークショップ)広島市現代美術館(広島)
「TRANS IMAGE-視覚で遊ぶ夢の映像装置展」タワーギャラリー横浜(神奈川)
「Photogenetics」(ワークショップ)東京都写真美術館(東京)

1994
「’94北京国際交換芸術祭」首都師範大学美術館(北京、中国)
「こどものためのワークショップ」(ワークショップ)霊山子供の村(福島)
「IZUMIWAKU Project」和泉中学校(東京)
「なすび画廊」早稲田松竹(東京)和泉中学校(東京)メモリーズギャラリー(愛知)ミュージアム・シティ・天神(福岡)
「新宿少年アート」新宿路上(東京)

1993
「COM-ART Festival」(水原、韓国)

1992
「第3回ビデオ・テレビ・フェスティバル」スパイラル(東京)
「ビデオアート以後のビデオアート」町田市立国際版画美術館(東京)

パブリックコレクション
Public Collection